津市の塗装会社日塗建の代表

私、朝倉達也は三重県津市で家族6人の長男として生まれました。

幼い頃の私に最初の人生の苦難が訪れました。


不幸にも父親を早くに亡くし、その後、母親も家を出て行きました。

小さかった私と妹は、おばあちゃんに育ててもらいました。
 

世間的にも経済的にも辛い境遇で育ちながら

自分には何故こんな生き方しかできないのか?
 

この時、子供の自分には全くわかりませんでした。

育った環境は決して満足のいく人生ではなかったと

当時を振り返るとそう思います。
 

そこで裕福になりたいと思うのは誰もが

そうであるように私は学業より働く道を選びました。

10代半ばにして学生を中退し、建設業の足場の仕事つまりは「鳶職」の世界へ飛び込んでいきました。

 

しかし当時、私が進んだ「鳶職」の世界はあまりにも過酷でした。
けれども生きる為に必死で働きました。

 

いつしか私を頼ってくれる後輩達も増えていき、過酷な仕事でさえ皆となら!と前向きに捉え働いていました。

日塗建スタッフによる塗装の事
仕事の事などのブログを始めました。お暇な時に読みに来てください。

代表プロフィール

​更新情報
​2017年8月
「防水工事の流れ」を新たに作成しました。
​ぜひともご参考にご覧ください。
​2017年7月
サイト内容をリニューアルしました。
​2016年12月
日塗建のホームページを立ち上げました

日塗建コラム記事

独立と決意

ただ、仕事は下請けという仕事をもらい手伝う、応援する立場の人から抜け出せず
生活が向上する訳でもなく、後輩達にも同じつらい思いをさせているという漠然とした不安がありました。

その頃、いつも仕事をいただいていた塗装店の依頼で住宅に足場を組む仕事に出向いた私にきっかけをくれた方がいました。

 

当時大変お世話なっていた塗装店の親方です。

現場にいた塗装店の親方に
いつまでも下請けやったらあかん。請けの仕事をせなあかん

 

と言われたのがきっかけでよくよく考える事が多くなりました。
でもこのままじゃダメだ!

 

そう感じ、私は一大決心をし、独立する事を決意しました。

 

当時19歳でした。

転機、塗装業の衝撃

しかし決心をした所で「何をするか?」を考えていた頃に
きっかけをもらったのもまた、塗装の世界でした。

当時、足場工事をしていた私には周りが見えていなかったのでしょう
いつも通りに塗装店の仕事で足場工事をしていた時

 

足場工事はあくまでも仮設・・・

※仮設・・・工事の際に一時的に組み上げる足場や電気設備等の事を指す
 

どんなに綺麗な足場を組み上げても最後には無くなるもの。
仮設足場を解体し終わった頃、塗装が終わった家を見た時に衝撃を受けました。

 

最初の印象はただの古い感じの家でしたが、その家の塗替えが終わったのを見て衝撃を受けました。

 

こんな綺麗な家が残るのかぁ!

 

自分もこんな綺麗なものを残したい!
そして私はもっとも身近できっかけをくれた塗装業の世界に飛び込みました。

 

その時の私は24歳でした。
 

決して速い年齢でなく、どちらかかというと遅い方だったのですが・・。

​日塗建の創業

その後、27歳で日塗建の前身である会社を設立しました。

当時を思い出すとまだ津市と久居が合併する前ぐらいでした。

とにかく大勢の人が喜ぶ姿が見たかった私はこの頃から公共事業に携わる様になりました。
皆が利用する建物や橋、小学校や中学校の体育館、などなど・・・。

 

特に子供達の思い出の場所になるわけですから心が躍りました。

もちろん公共事業の塗装となると品質はもちろん高水準ですので仕事をこなすには高い技術が必要となります。
 

ですので職人さん達の腕の良し悪しによって品質が変わってくる事も学んできました。

想い

速いものでかれこれ20年近くこのシビアな塗装業の世界で生きてきました。

その間、塗装業を営む私を頼って頂いた方々への感謝を込めて、大変お世話になった方や友人知人の方々の住宅を塗り替えを承る事もありました。

 

日塗建では基本的に住宅の外壁塗装や屋根塗装等は行っておりませんでした。
恥ずかしながら私は人見知りをする性格の為に見ず知らずの方の大事なお住まいに手を入れる事を躊躇していました。

しかしながら先日、知人のお家が塗り替えが終わったと聞き、その住宅を目にする機会がありました。

その時、私は「えっ!?」「これで!?」と驚きました。

私の目から見て塗装の品質の悪さがわかってしまったのです。
知人に聞いたところ、特別な塗料を使っているからとの事でしたがそんな事はありません。


根本的な品質が低いと感じたのです。

改めて見直すとそういった住宅がこの街にもいたる所に存在したのです。

誰もやらないなら自分がやるんだ!」と奮起したのを覚えています。
 

と同時に「本物を見せたい!知ってもらいたい!」という衝動が全身に走りました。

それを機に日塗建は公共事業だけでなく民間住宅の塗装工事を請け負う決意をいたしました。

 

恥ずかしがっている場合ではない。
外壁塗装の塗替えは住まいにとって重要な事柄費用も決して安いものではありません。
だからこそ本当に納得がいく品質でご提供したい!

私どもは常日頃からその想いで塗装業を営んでおります。

 

私!朝倉達也に一度お任せさせていただけませんか!
公共事業で培った日塗建の技術・腕・知識・品質を見せたいんです!
お客様に後悔はさせません!ご納得頂ける仕上がりをお届けしたいんです!

安全衛生面の習得

 

安全については常に最新の状態に保つ事も重要です。

良い塗装工事を行う前に現場や職人さん達の安全を推進しています。

先日も安全講習を受講してきました。

津市の塗装会社日塗建へお問合せ

「ホームページを見た…」とお電話下さい

【受付営業時間 / 9:00~21:00】土日対応

お問合せ・お悩み中のご相談はお気軽に