検索
  • 日塗建スタッフ

塗替えのサイン


こんにちは!日塗建です。

早速ですが「お家はしゃべれない!」

・・・ごくごく当たり前の事なんですが、しゃべれないからこそ気づいてあげないと

後々大変な事になりかねません。

そこでお家が塗替えを欲しているサインをいくつか挙げてみましたので判断のご参考にどうぞ。

■Check1 汚れが目立つ

お住まいは経年で防水性能が落ち、水切れが悪くなってくるので、そこに汚れが付着しやすくなります。 塗膜が傷みだした一つのサインです。塗り替えのサインです。

■Check2 色褪せ

色褪せは紫外線による日焼けです。紫外線によるダメージで塗膜の表面が劣化し退色(変色)してしまうのが原因です。 防水能力が低下しています。

■Check3 チョーキング (白亜化現象)の発生

塗料が分離して粉化をする現象です。 外壁を保護する塗料がなくなるため、外壁材自体の劣化を早めます。

■Check4 苔、藻、カビの発生

外壁に発生しているコケ・カビは内部に浸水している恐れがあります。 内部からの場合、構造材を交換する必要性も出てきます。

■Check5 エフロレッセンス(白華)

コンクリートやモルタルなどから、内部の水酸化カルシウムが雨などの水分により

目地やクラックから流れだす現象です。 防水効果が低下しているサインです

■Check7 外壁の浮き

施工時の釘の打ち損じや日当たりによる反りで外壁が浮く場合があります。 放置すると外壁の割れ、浸水の恐れがあります。

■Check8 金属部のサビ

金属はサビが発生します。 最近のガルバリウムはサビが発生しにくい材料ですが傷などからサビの発生、腐食につながります。

■Check9 ひび(クラック)

サッシ近辺や外壁の継ぎ目等に発生します。 これは構造クラックと呼ばれ、放置すると中に水が入り、雨漏りの可能性が出てきます。

~屋根の場合~

■Check10 苔、藻、カビの発生

屋根表面にコケや藻、カビなどが繁殖すると、水切れが悪くなっている状態となり

雨漏りなどの原因となります。 屋根材自体も傷んでしまいます。

■Check11 既存塗膜の劣化

塗装が剥げると、放っておいた場合、ここを起点に塗装の剥離が広がっていくことになります。 雨水が直に下地と接触することとなり、屋根材自体を痛める原因となります。 早急の補修が必要です。

~木部の場合~

■Check12 木部の塗膜の膨れや剥がれ

塗装が剥げると、放っておいた場合、ここを起点に塗装の剥離が広がっていくことになります。 雨水が直に下地と接触することとなり、屋根材自体を痛める原因となります。 早急の補修が必要です。

~金属部の症状~

■Check13 塗膜の劣化によるサビ

金属はサビが発生します。 金属にとってサビは大敵で、そのままにすると中で腐っていくため、腐食につながります。

上記の症状が出たら、塗り替え時期の目安となります。 悪いところは早期に発見し、迅速にケアしてあげれば、大事に至ることはありませんし

費用もお安くなります。


41回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示