検索
  • 日塗建スタッフ

気温5℃ 湿度85%


外壁塗装工事の作業をしてはいけない温度と湿度についてのご質問をよく頂きます。

気象条件などは塗装工事の品質に大きく影響しますので、次の項目に該当する場合

塗装をすることを避けた方がよいでしょう。

但し、例外もありますので理解が必要です。

1 気温が5℃以下のとき

零点との差が3℃以内の場合は塗装せず

気温の上昇を待ち湿気が凝結しなくなるまで待つことが必要です。

気温が低くなると塗料の乾燥が極端に悪くなります。

塗料粘度が増し、作業性が悪くなるため、希釈剤(シンナー)の添加が増える傾向にあり

結果として塗膜が薄くなりがちで、さび止め効果が減少します。

要するに既定の塗布量が守られないので、品質破壊につながります。

また、低温時には非塗面に水分の残存があることが多くなり、防食に悪影響を及ぼします。

一般には、日の出後2時間経過してから塗装をはじめて、

日没2時間前くらい前に、作業を打ち切り、乾燥条件の良い状態で乾燥をさせる必要があります。

例えば、真冬の屋根は夜露がおりますので、早朝から屋根の塗装することは不可能です。

冬の屋根塗装の作業時間は午前10時から午後14時までが目安です。

シーリング工事の場合は、1週間~10日間くらい乾燥時間が必要な場合もあります。

2 相対湿度が85%のとき

被塗面の水分の付着による塗膜の付着性悪化とともに、防錆効果などの性能低下を

起こしたり、つやひけやブラッシング現象などの原因になるので十分注意が必要です。

例えば、雨の日にクリヤーなどの塗装をして仕上げると、乾燥しても真っ白になります。

湿度が高い時に塗装工事をしても、とりょうが乾燥しませんので注意が必要です。

また、雨が降っている時や塗装開始前後に天候不良の恐れがあるときは

塗装工事を避ける必要があります。

但し、屋内での塗装工事は除きます。その他、強風や塵埃の多い時などの作業はお勧め致しません。

風の強い時は乾燥時間が早い塗料の場合、作業性が悪化します。

また、砂じん・塩分・腐食性物質などが塗装中または乾燥中の

塗膜に付着した場合など、塗膜の性能低下を起こすことがあるので、注意が必要です。

また、炎天下などで鋼材温度が高く、塗装面にあわが生ずるおそれがあるときも何らかの対策が必要です。

例えば、屋根の表面温度が60℃以上の時は塗装をしても、直ぐに乾燥して、

塗り継ぎがでてしまったり、美観にも影響を及ぼします。

塗装後の乾燥過程における気象条件についても同様であり、著しい気象の変化が予測される時は

塗装を続けることは望ましくありません。

要するに、塗装条件悪い場所での施工(結露が発生しやすい)や、施工後も乾燥条件が

悪い場所は予め塗装の各工程の間隔を十分取るようにして作業を進める必要があります。

1と2については塗装業に携わると必ずというほどの常識だそうです。 外壁塗装のルールとしても定着していますね。

しかしながらこの定義をしっかりと受け止めてスケジュールを組み また品質を落とさない為に気候や気温や湿度と向き合って コントロールするのも私たちが求め、そして求められる事です。

もちろん、塗装業に携わる方々は誰もが思っている事だと思います。

日々、努力ですね! 頑張ります!!

#塗装

133回の閲覧

059-271-6066

【受付営業時間 / 9:00~21:00】土日対応

三重県津市の塗装専門店・日塗建

株式

​会社

三重県津市の屋根・外壁塗装・住宅塗替え専門店

三重県知事許可(25)第15881号

〒514-0004 三重県津市栄町1丁目906

「ホームページを見た…」とお電話下さい

© 2016 copylight 株式会社 日塗建 All Rights Reserved.