© 2016 copylight 株式会社 日塗建 All Rights Reserved.

059-271-6066

「ホームページを見た…」とお電話下さい

【受付営業時間 / 9:00~21:00】土日対応

三重県津市の塗装専門店・日塗建

〒514-0004 三重県津市栄町1丁目906

株式

​会社

三重県津市の屋根・外壁塗装・住宅塗替え専門店

三重県知事許可(25)第15881号

2019/04/15

Please reload

最新記事

塗替えのサイン

2016/12/27

1/3
Please reload

特集記事

防水塗装の特徴

こんにちは!日塗建です。

防水塗装工事ってどんなもの?

 

 防水塗装工事は、ベランダの床や屋上といった場所に塗装施工する工事。

 

当然、こういった場所には防水工事がもともと施されているのですが、
経年劣化であったり、施工不良などで早い時期に雨漏りなどのトラブルが起きることがあります。


例えばトラブルはこんなものです。
・ベランダの床がひび割れてしまった
・天井にシミのようなものが出てきた、水が垂れてきた
・表面の色が変わってきてしまっている、黒ずんでいる
・屋上の一部にいつも水たまりができている、なんだかぶよぶよしている部分がある…。
・排水が詰まっている、雨水がちゃんと流れていかない…。

 

 

ヒビ割れてしまっているケースは、最悪防水層が切れてしまっているケースも有ります。
その場合、そこから下の階に水が染み込む(雨漏り)してしまい、大変です。

 

こういった状況の場合は、できるだけ早く対応をしないと、どんどんと悪化してしまいます。

 

建物は、病気と同じで早期発見と早期対策が長持ちと快適さの秘訣です。
雨風を凌ぐという機能は、家の根本中の根本ですよね。

 

 

防水塗装は劣化を改善し建物を守る秘訣でもあります。

 


施工方法はFRPやウレタン、シート防水などいろいろとありますし、それぞれにメリット・デメリットはあります。

 

例えば、一度切れてしまった部分。
これに対して、表面を軽く補修しただけで、そのまま上から塗料を塗ってしまう。
これでは長持ちしません。

 

なぜなら、今まで傷んでいた部分に目隠しをして上から被せ物をしているだけなので
すでに内部で起こっているダメージはどんどん悪化し続けるからです。
そうすると、またそこから傷んできてやり直しになります。

 

防水にとって一番大切なのは下地です。

 

きちんと傷んでいる部分の下地調整をして古い防水層なども一度取り去り

その上で必要な部分に新たな防水を行う。

 

こうすると長持ちします。 虫歯と同じですね。

ちゃんと直してから被せ物をしないと虫歯は内部でどんどん進行してしまいます…。

 

また、一般住宅などのベランダの防水リフォームで最も一般的なのがウレタン防水です。

ウレタン防水の場合、塗料もただ塗ればいいというものではありません。


一定量の厚みをつけて、適正な工法・塗布量がメーカーによって定められています。

仕様に添って丁寧に施工しなければメーカーが謳う効果も耐久性もでません。

 

ただ、最も重要なのはそれぞれの工法で

 

きちんと「適切な方法で」「丁寧に」「技術力のある職人が」行なうかどうか、なんです。

 

Tags:

Please reload

Please reload

アーカイブ