© 2016 copylight 株式会社 日塗建 All Rights Reserved.

059-271-6066

「ホームページを見た…」とお電話下さい

【受付営業時間 / 9:00~21:00】土日対応

三重県津市の塗装専門店・日塗建

〒514-0004 三重県津市栄町1丁目906

株式

​会社

三重県津市の屋根・外壁塗装・住宅塗替え専門店

三重県知事許可(25)第15881号

2019/04/15

Please reload

最新記事

塗替えのサイン

2016/12/27

1/3
Please reload

特集記事

塗装の第一歩 養生(ようじょう)

 こんにちは!日塗建です。

 

最近は地元である三重県の津市の現場を塗装施工しています。

そういえば自分で塗るDIY塗装(たとえば犬小屋とか)と

私たちの塗装業の大きな違いって何だろう?

 

ふと思ったのが養生(ようじょう)のコダワリ。

 

養生って塗装の出来栄えも左右する大事な作業なんです。

もちろんお客様のお住まいを施工させていただくにあたり

塗らない場所に塗料(ペンキなど)がついてしまうと後が大変です。

だから先に養生をするんです。

 

養生とは保護するという意味です。

外壁塗装などで使われる養生は、塗料の塗らない場所を保護することを言い

以下の3つのことを指します。

 

1.周りの家に高圧洗浄の水や塗料が飛び散らないように家をメッシュシートで囲うこと。


2.アルミサッシや窓、床など塗らない部分にビニールやテープ、マスカーなどで保護すること。

 

3.車や植木など塗料が付くと困る部分をシートで保護すること。

 

稀に、塗料が乾く時間を養生時間と呼ぶこともあります。

これは、コンクリートの施工の場合、硬化するまでの温度や適正水分量を

管理して乾かすことを養生というため、塗装でも同じように使っている人がいるためです。

 

そして・・・

 

養生を雑にやる業者は危険です!

 

もし、足場の養生(メッシューシート)を雑にやったまま塗装をすると

高圧洗浄の水や塗料が飛び散り隣人とトラブルの原因になる可能性もあります。

スプレーを使う吹き付けではなくローラー塗りでも意外と塗料は飛び散るので注意が必要です。

たとえば隣の家の方の車に塗料が飛散してついてしまったら・・・

 

だからこそ、しっかり養生をしないと。

そればかりか塗装した場所がにじんでしまい汚い仕上がりになってしまいます。

 

 

 

養生の注意点としては・・・

 

・夏場は換気できなくなる

 

夏場に塗装するときは、窓を養生するため換気ができなくなります。

そのため「施工中とても息苦しかった・・・」と言われるお客様もおります。

夏場に塗装する場合は予めこのことを覚えておいてください。

業者によっては、先に窓枠周りを終わらせて換気できるようにしてくれるなど工夫してくれる業者もいます。

換気を気にする方は施工前に相談してみてください。

 

・植物に養生するときはなるべく早く剥がす


植木に養生する場合は、被せたままにすると枯れる原因になることがあります。

 

・粘着力が高すぎるものは使用しない

 

粘着力が強いテープを使用すると、剥がすときに跡が残ってしまい

仕上がりが汚くなってしまいます。

そのため、粘着力が弱いテープを使うのが一般的です。

 

 

一見簡単な作業かもしれませんがとっても大事な作業が養生です。

 

 

Tags:

Please reload

Please reload

アーカイブ